太ももにつきやすいセルライト

###Site Name###

お尻から太ももの裏側にかけてつきやすいのが、セルライトです。これは脂肪細胞が肥大化したもので、ついてしまうと、肌の表面が凸凹になり見た目が悪くなるだけでなく、肥大化した脂肪細胞によって、その部分の血流やリンパの流れが阻害されてしまう事になります。

それにより、余分な水分や老廃物が排出されにくい状態となり、冷えやむくみの原因となるだけでなく、代謝も落ちやすい状態となります。

ですから、ついてしまったらそのまま放置せず、落とす事を考える事が大切ですが、セルライトというのは、食事制限や有酸素運動等のダイエットでは、落ちずにそのまま残ってしまう事が殆どです。この場合、それまで以上に、肌の表面が凸凹になってしまう可能性が出てきます。



ですから、落としたいと考えた場合、ダイエットではなく、脂肪の塊に直接働きかけていく事が大切です。その場合、入浴後等に脂肪の塊を潰すようにマッサージを行い、そしてその後、足先から膝裏、膝裏から脚の付け根の内側の部分にかけて、老廃物を流すようにマッサージをしていく事がお勧めです。



ただ、すぐに落ちるものではない為、気長に続けていく事が大切です。よりしっかりとセルライトを落としたいと考えるのであれば、エステに通う事を考えてみる事も有効です。


少し費用はかかる事になりますが、脂肪にしっかりと働きかける施術が可能となっている為、ダイエットでは落としにくいセルライトもしっかりと落とす事が出来ます。